包丁はどうやってメンテナンスするの?

使いふるした包丁も自分でメンテナンスできる

ステンレス製の刃物はどうするか

とても扱いやすいステンレス

鋼のようにサビやすくはないけれど、同じくらい強靭なステンレス。
とても管理がしやすいため、多くのご家庭ではもしかしたらこの特性の包丁を用いているかもしれません。
洗ってそのままにしていてもほとんど問題が生じず、その上刃こぼれもしづらいとあれば、多くの人に好まれるのも納得です。
ステンレス製のもので気をつけるべき点があるとすれば、経年劣化により柄の部分の方が先に壊れやすいといった点でしょうか。
刀身の部分は、日々のメンテナンスでとても長持ちさせることができますし、十年二十年と使用できるクォリティのものもあります。
もちろん刃こぼれしてしまったとしても、鋼製の刃物と同じように砥石をつかって砥ぐこともできます。

ステンレス製のメンテナンスの仕方

ステンレス製の包丁は、砥石による研磨ももちろんできますが、もっと手軽なメンテンスの道具も存在しています。
刃を通すだけで砥げる研磨器具もありますので、切れ味が悪くなったらすぐに砥げるという利点があります。
また、ステンレス製とひとくちに言っても、価格帯はさまざまなので、少し高級なものを購入すれば鋼製のものと遜色がないくらい性質のよいものが手に入ります。
使用後はよく洗い、水気を取って保管するだけでも十分です。
鋼製のように、表面に波紋が浮かぶということがありませんので、そのための特別な管理は必要ありません。
鋼製ほどサビることがないことを考えれば、はじめて購入する場合はステンレス製でかまわないかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る